1GbpsでのLAN通信が出来ない時に見直す点

見直すべき点

・Energy Efficient Ethernet (EEE)をオフにする
・リンク速度固定の設定をする
・LANケーブルを別のものにかえる

ネットでよく見かけるのは上記2つで、3つ目もでてくるけどそんなの関係ないと思ってたんですが、今回私が該当しました。

LANケーブルって8芯(8本線)なんですが、
100M/10Mの場合は、そのうち4芯しか使ってなくて、1Gの場合は8芯すべて使っている(らしいです)。
で、4芯しかつながっていないとか、断線していてという場合は、LANケーブルが原因で、リンク速度が1Gにできないっていうオチですね。

前知識


・LANカード(チップ)が1Gbps対応していること
・LANケーブルの接続先のルータ、ハブが1Gbpsに対応していること

当たり前ですが、上記の確認はまず必要です。
また、LANケーブルの両端につながっている機器が1Gpbs対応かどうかで、またプロパティに表示される速度は、その両端のリンク速度です。だから、光回線で1Gだからとかそんなのはその部分に関しては関係ありません。

ADSLで接続していても、LANケーブルの両端の機器が1Gになっていて、片方の機器がノートパソコンなどのばあいは、1Gbpsと表示されます。

Energy Efficient Ethernet (EEE)をオフにする


「コントロールパネル」->「デバイスマネージャー」->「ネットワークアダプタ」で使用しているLANカード(チップ)を選択して設定します。

設定画面は微妙に違いますが、上記のような設定箇所があるかと思います。そこをオフにします。
Energy Efficient Ethernet (EEE)[省電力]機能の誤動作?で、1Gbpsリンクしない場合はこれで解決です。
これでも治らない場合は、おそらく別のところの問題かと思います。

リンク速度固定の設定をする


初期値が、auto(自動)になっているところ、強制的に1Gbpsにしてしまう設定です。
自動認識が上手くいかなくて1Gbpsにならない場合はこれで解決されるかと思います。

これで解決されない場合は、LANケーブルとかも疑った方がよいかと思います。
LANケーブルがノイズなどがのりやすいものであっても、1Gbpsリンクはするはずですから。

LANケーブルが原因で、リンク速度が1Gbpsにならない場合がある

計る測る量るスペック調査隊:LANケーブルの仕組みを理解して自作せよ (1/3) - ITmedia エンタープライズ

 一般にLANケーブルは、1本のケーブルの中に2本の芯線をよりあわせた4対の銅線で構成されている。ところが、10/100BASE-TXはこのうち4芯しか利用せず、残り4芯は使わない。そのため、10/100BASE-TXでの利用を想定したカテゴリ3ケーブルには、4芯しか銅線を入れない製品があるのだ。こうすることで、コストをダウンできるほか、ケーブルを細くできるメリットもある。ところが、1000BASE-Tは伝送に8芯の銅線をすべて利用する。そのため、4芯のケーブルは1000BASE-Tには利用できないのだ。
ASCII.jp:古いLANケーブルでギガビットEthernetは使えるか|ネットワークの禁忌に触れる


100Mbspで接続できていたら、LANケーブルとして問題ないと判断するのは早計で、1Gbpsの場合は、100Mbpsで使用していない端子を利用しているという事実があります。

つまり、その部分が断線している、または結線すらされていない場合は、1Gbps用にはつかえないわけです。ただし、使用していない端子もどんな安物で昔のLANケーブルでも普通は結線されていることがほとんどです。

可能性としては断線とかのほうが確率高いかと思います。

問題のLANケーブル


で、今回私が使ったLANケーブルが、100円ショップとかで売っている巻き取り式のものです。これ平べったくなっていて、線の状態が溝の数でわかります。どうみても全て結線されているとは思われません。で、今回はこれが原因で1Gbpsリンクしないで、100Mbpsになっていました。

あと疑ったのが。100円ショップで購入したLANケーブル延長コネクターです。テスターで試すと全てつながっているようです。まあ、構造から考えてすべてつながっていないとは考えにくいっていうのはあります。実際、この延長コネクターを介しても1Gbpsリンクしたので問題ないと思います。

参考:セリアの105円LANケーブル延長コネクター(MT-04)購入とか - 気まぐれなるが如し

参考

よくある質問(FAQ)
1GのLANにも関わらず、100Mの接続になってしまいます.なぜでしょうか? - L... - Yahoo!知恵袋


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。