「コカ・コーラ プラスコーヒー」を飲んでみた

コカ・コーラシステムは、「コカ・コーラ」ならではのおいしさと炭酸の刺激に、コーヒーの味わいを組み合わせた炭酸飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」を、2018年9月17日(月・祝)から、全国で発売します。
■パッケージ/メーカー希望小売価格(消費税別): 250ml 缶/128円
■販売チャネル : コンビニエンスストア、自動販売機
「コカ・コーラ プラスコーヒー」 9月17日(月・祝)から全国で発売: The Coca-Cola Company

コカ・コーラ プラスコーヒー発売中 | コカ・コーラ(Coca-Cola)公式ブランドサイト

お勧め度:(2.8点)

・飲んだ後味が、コーヒー飴のような味
・香りをかぐと、ほのかなインスタントコーヒーのような香り
・炭酸、弱め
・コーラなのも間違いない

相方はまずいっていってたので、世間の多数派はたぶん「まずい」なんじゃないかなぁと思う。僕もおいしいものではないとは思う。1缶40円で投げ売りされてたら買い占めるとは思う。50円なら普通のコーラーを買うかなというところですかね。

コップに注ぐと、炭酸の泡が結構出ます。でも、すぐに消えるので、一人で写真をとるのは難しいです。この飲料、強炭酸ならもっとおいしい感じなのにとは思います。でもそうすると、コーヒー入ってるの?みたいな感じになって、カフェイン強化?の後味甘いコーラーになってしまうかも。

コーヒーの味はほとんどなくて、鼻を近づけるとコーヒー香料の香りっぽいものがするのと、後味が、コーヒー飴のような甘めの味がするぐらいです。この飲料、ごくごく飲むものでなくて、ちびちび飲むものだと思います。

■原材料名:果糖ぶどう糖液糖、コーヒーエキスパウダー/炭酸、カラメル色素、酸味料、保存料(安息香酸Na)、香料、甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、カフェイン
「コカ・コーラ プラスコーヒー」 9月17日(月・祝)から全国で発売: The Coca-Cola Company

1缶当たり
カロリー:50kcal
塩分:0.05g

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。