バタフライピーティー Butterfly Pea を試してみた

タイのハーブ茶、花茶だと思います。花粉症に効くとかいう話でもらったんだけど、色がきれいだなぁということで写真を撮りました。熱いお湯に、1つ花房をいれるだけで色づきます。

かき氷のブルーハワイのような色だと思います。

花には、青色色素デルフィニディンが含まれており[1]、タイでは、チョウマメの花の搾り汁によって、お菓子などの染料として使用することが多い。搾り汁にライムやレモンをいれると、紫色や水色などに変化する。日本には、嘉永年間に入ってきたと思われる[2]。
チョウマメ - Wikipedia

アグリコンであるアントシアニジン部位の B環(構造式右側のベンゼン環部分)のヒドロキシ基の数によりペラルゴジニン、シアニジン、デルフィニジンの3系統(表参照)に分類され、
アントシアニン - Wikipedia

成分に、アントシアニン の一種が含まれてるようです。花粉症の話は、この辺から来てると思います。実際、効果があるかといえば、僕の場合はたぶんない気がします。

レモンで色が変わる

少しレモン汁を垂らすと、パープル(紫)色に変化します。


ネットチョップでも売っている

最近、なんでも売ってますね。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。