【e-tax】ICカードリーダーの動作確認の方法【Windows10】

JPKI利用者ソフトでの確認

動作確認

e-taxを使うときには、Webページに案内があるように「事前準備セットアップ」を使うと思うのですが、それで自動的にはいるソフトです。

スタートメニューの公的個人認証サービス=>JPKI利用者ソフトを選んでください。

JPKI利用者ソフトが立ち上がるので、「動作確認」ボタンをクリック。

カードリーダーをPCに接続して、マイナンバーカードを置いて、「実行」をクリックしてみてください。ちゃんと動作してるのなら上記のような表示になるかと思います。

さらに・・

「自分の証明書」クリックすると、カードの中身(の一部)が表示できます。

マイナンバーカードを挿入してないと上記のようなエラーになります。

挿入してると、上記のようなダイアログが出てきます。どちらも選択できますが、暗証番号(パスワード)が両方とも違うので気を付けてください。

こんな感じですね。

ここまでやって表示できてるのなら、動作するのは間違いないでしょう。

ICカードリーダー付属のソフトでの確認

ICカードリーダーによって違うかとは思います。SONYのICカードリーダーでは、NFCポート自己診断というのがあります。

アプリの指示どおりにして、「次へ」

ICカードリーダーを選択して、「次へ」

問題なければ、両方〇になるかと思います。

うまく行かない場合は、どの段階でダメそうなのかを検討つけましょう。

・カードリーダー提供のドライバーアプリ段階
・JPKI利用者ソフト段階

大きく分けてこの段階があると思います。

Windows10の場合、メジャーアップデートをすると、カードリーダー提供のドライバーアプリの一部が削除されることがあるようで、再インストールすると治ることがあります。

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。