【対策】Core2Duo世代のPC:Ubuntu 18.04 LTSの起動が遅い問題

参考

・対策前 : 4min 20sec
・対策後 : 45sec
インテルのせいで起動の遅い Lubuntu 18.04 LTS を何とかしてやりました。 | 極楽はぜのブログ

1.sudo nano /etc/default/grub
Then add the kernel boot parameter: video=SVIDEO-1:d, so it will look like this: GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash video=SVIDEO-1:d"
2.sudo update-grub
3.sudo reboot
16.04 - Boot very slow because of drm_kms_helper errors - Ask Ubuntu

効果あった

Macmini(2007)相当で試してみたが、改善されたような気がする。

早い時と遅い時があって、遅い時が今回のケースではないかと思う。毎回、同じぐらいの起動時間になったので、効果あったと思われる。遅い時は、起動に分単位の時間がかかってた。固まってるのかなぁというぐらい。

やり方

$ sudo gedit /etc/default/grub

nano の代わりに、gedit で設定ファイルを開く

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"

すでに、上記があったのでその部分を以下のように修正

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash video=SVIDEO-1:d"

この行自体がなければ、追加でよいかと思う。

$ sudo update-grub

設定ファイルを反映させる

$ sudo reboot

Ubuntuをリブートさせる

メモ

xserver-xorg-video-intel は、インストールされてなかったので今回は関係なし

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。