買占め批判する人に

追記:2011/10/30
この記事を書いたときは、今と違ってこのようなことを言うだけでバッシングされかれぬ雰囲気でした。
だから多くの人?がそう思っていても、内に秘めていたと思ってます。そう思ってるのは、あなただけではありませんよと意思表示にこの記事を書いたのです。
ジュークですので、本気になさらないように

買占め批判は、楽しいですか?快感ですか?

買占め批判しても、買占めを辞めせることは非常に難しいのですので無駄なエネルギーを使うことになりお勧めできません。買占めを辞めさせるのは、正義や正論の剣で批判しないで買占めする人たちに「安心」を与えることでしか止めることはできません。

安心を与えるためには、批判するあなたたちも実は自己中心的で傲慢であることをみとめることから始めないとだめです。自分たち(あなた)が生き残るのに有利なのは、買占めしないというだけで、そもそも正義でもなんでもないんです。自分勝手な理論に過ぎないのです。要は、あなたは自分自身の心配をしているのに、みんなのためとか全体のためとか言ってごまかしてるんです。もちろん、あなたがみんなや全体のために自己犠牲的な働きをする人なら僕はあなたを尊敬するでしょう。しかし、自分は備蓄してるとかそういう安全圏にいながら批判してるだけならどうかなと思います。

買占めしなくても、僕たちが私たちが分けてあげるから安心してとは言えないのなら、その批判は本当に正論で正義でしょうか?また、買占めがなくなっても、みんなに物資が割り当たる保証はないですが、その件にかんしてはどう思いますか?

ジョークはこのあたりで終了


近くの某コンビニにいくと張り紙がしてあります。現在、被災地に物資を送るのを優先しているため品ぞろえや数が不足していますと。実際に店内はそうなってます。
買占めを批判するよりもこういう風にするのが良い方策なんです。実際にこのコンビニの会社が被災地にどのようなことをしてるのかわかりませんが、そういう行動は評価すべきだと思います。

【ブログ内の関連ある記事】
子供たちに安全なものを食べさせたい - 放射能汚染
[原発関係] 検出されてない場合は、安全なのか?
[原発関係]どうして意見の食い違いが生じるのか?
[原発関連] 武田邦彦氏の危険情報?と政府のプロパガンダ的安全情報
本当の緊急時に手元にイソジンがあれば、僕は飲むことをためらわない

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。