英語が苦手な人がTOEICで500点を取るための勉強方法

こんな人が対象

・TOEICのスコアーが200点、300点台
・英語は苦手だが文法は得意
・課長になるための条件として必要

TOEICのスコアがその程度の場合は、単語力が足りてない場合がほとんどです。文法は得意という人ほど、単語力や基礎学力が不足しています。また語学適性がありません。

スコアが200点、300点というのは、実は0点と同じなのです。適当に第六感 で回答してもその点数が出てしまうんですね。偏差値みたいな物だと思ってください。偏差値30点と50点、75点の間の差を考えてみればよく分かるでしょう。


頭を英語モードにすることが重要

試験中だけでも、頭を英語もモードにすることが必要です。語学が苦手な人はかなりの集中力が必要ですが、日本語で考え出すと英語モードに戻すことが難しく、また得点も伸びません。400点ぐらいはいけるかもと思っても、その程度でさえもクリアしにくいのです。

英語モードにするといっても、知っている英単語や語彙を増やすという対策で十分です。
ほとんど日本語と同じように使われている外来語(英語)を考えてください。日本語に変換して会話などを聞いてますか?最近の流行の言葉の多くは、英語からきたものが多く、最初は日本語での意味とかみますが何回もその言葉を聞くために、そのうち、耳に入った瞬間に特に日本語に変換することもなくそのまま聞き取るようになるでしょう?

低スコアの人は、文法よりも単語数や語彙力が大事です。


単語数や語彙力には時間と地道さが必要



もし周りにDSのソフトの「英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け」を持っているとかでしたら、借りてやってみてください。すぐにゲームとして遊べなくなる人が今回の記事の対象です。不足してるのは、何でしょうか?

単語力をつけましょう

「見る」「聴く」「発音する」の3つを同時にして覚えていくのがおすすめです。可能なら、これに「書く」を付け足してください。

単語力を身につけようと、目標を高く持つ人がいますがたいていは失敗するか挫折します。目標を高く持つのは正しいのですが、目先の目標(課題)は低く低く設定することが必要です。

<<350点>>
500点を目指すのになぜ350点なのか?と言う話ですが、まずはこのレベルをクリアしないと駄目なのです。もしすでにクリアしてる場合は、この目標に設定していてもすぐに目標をクリアできますので、こちらの方が実際には確実で早道です。

キクタンEntry2000あたりから初めてください。「中学3年生~高校1年生」レベルですが、そんなことは気にしては駄目です。TOEIC対策用でないとか、TOEICに出やすい単語が含まれてるかとかそんなのも気にしては駄目です。


350点を目指して勉強

500点なのに、なぜ350点を目指すの?とお思いかもしれません。350点程度はもうとれていると言う人もいるかもしれません。でも350点前後でとどまってるのは、なぜでしょう?原因は簡単です、基礎学力が足りてないのです。どの分野でも土台となる学力が足りてない場合は、それ以上を目指した場合にうまくいかない物なのです。

350点の問題集が余裕だったら、470点のものを。本はこれでなくても、この程度の点数をターゲットにした本を選択してください。

もちろん350点の方から・・。1日30分で3ヶ月でできるようになっています。しかし、仕事をしてる人にとって、1日30分勉強するのは案外難しいと思います。もちろんこれと別に、英単語もやるのですよ?

100点上げるには200時間必要

あくまで目安ですが、100点アップするには、200時間の勉強が必要です。1日1時間勉強しても200日です。
社会人の1日の自由時間を考えると、よく見かけるようなXXヶ月でXXX点とかいうのは、教材のレベル以前にそれをこなす時間を確保するのが難しいのが分かると思います。他の記事で書いてある勉強法はどの程度の時間がかかるかを見てみてください。

語学は、特に苦手な人にとっては地道に積み重ねる努力をする以外で何とかする方法はありません、裏技があってもそれを効率的に行うだけで、積み重ねる地道さは変わりません。

海外に行けば・・・。必要に迫られれば・・・。

そんなにうまくいかないと思います。語学の苦手な人にとっては特に。

語学を数学とかあなたが得意とする物に置き換えて考えてみればわかるでしょう? 数学が苦手だけど、何とか理系の学科に潜り込んだら、数学ができるようになるでしょうか?数学ができないと卒業できないので、できるようになるのでしょうか?


外でも英語の聞き取りやすいところとそうでないところがあります。私の経験では、シンガポールとかフィリピンとかの場合は、結構、日本人でも聞き取れるように話してくれます。

■聞き取りやすい英語を話してくれる人々
フィリピンは、初めて海外赴任する駐在員にとって、とても「優しい」国でもあります。公用語が英語で、皆、小学生のころから英語を習っているので、英語はとても上手。しかも、あくまでも第二外国語として使っているせいか、とてもゆっくりと聞き取りやすく話してくれるという特徴があります。単語が聞きとれるので理解しやすく、ネイティブの人と話すときのような難しさは感じません。
聞き取りやすい英語と物価の安さは海外赴任にオススメ?(海外駐在員ライフ Vol.142 From Philippines) - ライブドアニュース

シンガポールは、英語が公用語である国としては、英語の下手な人にやさしい国だと思う。沢山いる外国人労働者は、ほとんどの場合、英語は第二言語だし、シンガポール人でも普段は中国語を使っている人が多い。発音も文法も許容される範囲が広いのではないかと思う、他の国にあまり行ったことがないから知らないけど。
撤収 - 視基aB


TOEICの勉強は公式テキストがおすすめ


2年はかかると思う

単語、語彙を増やすという路線で勉強した結果です。
勉強前 :290点
1年後  :450点
2年後  :520点

500点が課長の条件です。夫は仕事ができると自認していますが、英語が苦手なため、50代なのに課長補佐のままです。大学は大東拓亜帝国と呼ばれる一つでした。でも会社は一流です。休日は一日中ゲームをしているのでその時間を勉強に充てればすぐに500点は超えると思うのですが、それを言うと俺のことをバカにしやがってと怒ります。私は語学が好きなので、問題集を数冊と英語雑誌のインタビュー記事を繰り返し聞いたら800点を超えました。
TOEIC500点を取らない夫の心理 : キャリア・職場 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

いろんなものに、人間味をつける方法 」のように、言い訳もある程度認めてあげたほうがと思うけど。

旦那を責める目的で使う物でなくて、他の人から何か言われたときに、仕事はできるみたいなんだけど、TOEICのスコアをクリアできないんですみたいな。私でもちょっと勉強すれば800点超えたんだけどと言う具合に(汗)。

日本の企業のほとんどが英語なんて必要ない現状で、出世できない人のていのよい言い訳用に用意されているシステムなのかも。おまけに、TOEICのスコアと英語がしゃべれたり、聞き取れたりする能力とはあまり因果関係がないのがミソ。一部の人はそういう能力がなくても、TOEIC対策で点だけとることが可能だと言うこと。

要は、高卒?で仕事はできるんだけど・・という昔のパターンを違う形で社会は繰り返してるだけなのです。


DUOは、一部の高校で参考書として使われているようです。

追記:

こんなのもある

カテゴリ:教育, ブック
販売元:xudong zou


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。