生まれて初めて、ガンプラを作ってみた 【HG 1/144 RGE-B790 ジェノアス】


投げ売り価格、100円(税抜き)だったので購入してみました。ガンダムAGEは数話しか見てなくて、名前ぐらいしかわからないんですけどね。

・ニッパーは必要(だと思う)
・接着剤はいらない
・色付けも必要なし
・パーツは精度よく、なんかおかしいと言うことはなく

ガンプラは生まれて初めて作るので、昔のものはどうなのかは知りません。昔のプラモデルと比べると上記のような感じですね。

ニッパーで切っても、バリが少し残るのですが、ニッパーが悪いのか、それともバリをとるためにやすりでこするべきなのかは分かりませんが・・・。

バリは少し残っても気にしないという方向で組み立てました。

パーツ



パーツはこんな感じですね。きれいに色付けされてる感があります。
シールが1枚だけついてました。

組み立ての説明書もついてきました。表はカラーで、裏はモノクロです。

組み立て


1時間半から2時間ぐらいかかりました。


説明書は非常に分かりやすいので、よく見て組み立てれば間違えません。

私は足の関節部分を少し間違えてしまいました。足、曲がらない??とかで・・・。
もちろん、組み立て直しはできました。



シールはこれですね。
シールを貼る場所なんですが、きちんとくぼんでたりして、貼った後取れにくい感じになってました。竹串をつかって位置を合わせて貼りました。

ワンポイントのペイントの代わりだとおもうのですが、このシールがあるだけでもかなり完成時のイメージは変わりますね。


右上の灰色の細い線みたいなものも、実はシールなんですね。この部分のこの形状でくぼんでいるので、その位置に貼り付けるときれいに収まります。

あと完成させると見えない部分も、キレイな感じなんですね。写真の中央部とか見てもらうとイメージがわかるかと思います。

関節とかを動かすためのギミックなんだろうけど、それを別にしても美しい感じなんですね。

完成


こんな感じで出来上がりました。関節がけっこういろいろ自由に動かせるので、ポーズを作ることも可能です。

本当に自由に関節が動くので、ポーズを作るのに、センスなどがかなり要求されそうな気がします。たぶん、人のポーズにしてないと違和感を感じるんだと思います。肩の傾きとかそういうの・・・。


上から見るとこんな感じ

顔?の青い部分の透明度が低い感じで、そこが少し残念な感じかもとは思います。

廉価版もある


「HG」と「AG」があるらしく、AG の方が廉価版のようです。
Amazonのレビューをみると、廉価版もそこそこ良くできているそうです。

パーツの精度がかなりいい感じで、さすが日本?って気はしました。
加工しないとダメとか、力ずくでとかそういう部分も一切なく驚いたわけですが、今時はこれが普通なんでしょうな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。