ダメになったLP-E12互換バッテリーの復活はできるのか?!

自己責任!!
危険な行為なので、マネしないように!!

※写真はイメージで、実際に使用したロワ製の互換バッテリーではありません。

1.互換バッテリーの+端子をシールを貼って絶縁する
2.純正の充電器にセットする
3.オレンジ色のランプがついて、充電開始する
4.1,2分たつとランプが点滅するので、コンセントから取り外す
5.+端子のシールをはがす
6.再度、充電器にセットして充電する

ランプが点滅するのは、充電異常を知らせるものだと思います。

前:動画の録画が、30秒で電源が落ちていた
後:動画の録画が、20分で電源が落ちる

一応は改善されてんですが、やっぱりバッテリーは寿命でしょうね。
やはり、寿命になるとバッテリー内部的にロックみたいなものがかかるようですね。

ロワ製の互換バッテリーで試しました。シールは、事務用のラベルシールをはさみできって利用しました。

追記:2016/04/29

前:3枚
後:6枚

写真撮影だと、シャッターを押すタイミングで電力がいるようで、やっぱりだめですね。
あと、テスターで電圧を計ってみても、新品より明らかに低いので・・。

補足

では、ここから裏技です。最初に電池を充電器にセットする際に、三つある電池の端子のマイナス端子のみ通電されない様に紙切れかテープなどで覆って充電器にセットします。つまり、プラス端子とT端子だけで通電する状態にして充電器にセットすると言う具合です。コンセントにセットするとチャージランプが一旦点灯しますが、暫くすると自然に消灯します。消灯したら直ぐにマイナス端子の絶縁していた物を外します。再び充電器にセットします。
99%お気楽な日々の中で・・・: 甦れ!リチウムイオン充電地


リチウムイオン充電地は、復活させることは可能か?!

上記のやり方を参考にして、やりました。
事例では、パナソニックとカシオのコンデジのバッテリーでも似たような仕組みになってるようです。

追加更新:danger純正以外の社外品充電器は、プラスとマイナス端子で接続し充電する様なので、復活させる目的では絶対に使用しないで下さい。ショート火災の原因になります。
99%お気楽な日々の中で・・・: 甦れ!リチウムイオン充電地


純正の充電器以外では、気を付けてください。
というか、純正でない充電器って、プラスとマイナス端子だけで微妙に怖い気が・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。