【フィッシングメール】Amazonクレジットカード有効期限切れ他

初めに

明らかに詐欺メールの場合は、
1.画像を表示させない
2.クリックしない
は守ったほうが良いです。

画像表示させることで、メールを開いたこと、メールアドレスが有効であることがばれてしまいます。

クリックして実際にサイトをアクセスすると、IPアドレスなどがバレます。確かに日本に住んでるとかそういうのがわかるということです。

まあ、画像を表示しなくても、クリックすると、IPアドレス以前に、メールアドレスが有効であるとか、読まれてるというのは当然わかることになります。

私自身、詳しいわけではないので、この手のメールは何もせずに即削除してます。

Yahooメールとかだと、この手のメールは迷惑メールにほぼ分類されてそちらに入ります。迷惑メールに分類されると、標準では画像が表示されません。

Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています

過去「あなたのアカウントは閉鎖されます」とか、ほかにもいろいろあったと思います。削除して残ってないので確認できませんが・・。

こんな感じのメールです。メールアドレスが、日本の格安レンタルサーバーのアドレスになっていて、気になったので見てみました。過去にもこのレンタルサーバーのメールアドレスのものがあって、連絡?通報しようかどうか悩んだんですけどね・・・。(メールアドレスは偽装が可能なので、メールサーバーが使われたかどうかは不明です)。

下のほうは、中国語がはいってる。

リンク先、画像のある先

パソコンのChromeでの調べ方ですが、リンクの部分を「右クリック」でメニューのリンクのアドレスをコピーを選択します。そして、メモ帳とかに貼り付けて、URLの確認をしてみてください。今回は明らかに違うURLでした。Edgeでも同じような感じでできます。

画像の部分は、リンク先と、画像のURLの両方を同じ方法で調べることができます。今回、画像はすべて本物の画像で、本物のURLを使用して表示されてました。

メモ帳に貼り付け

リンクのアドレスをコピーした後に、メモ帳に貼り付け。

心配な人は・・

メールのリンクでなくて、直接Amazonにアクセスして、アカウントとかの部分で調べてみたら、アカウントが閉鎖されたとか、クレジットカードの有効期限が・・とかを確認できるかと思います。焦らず、平常心でやらないと、ミスることが多いと思います。

人によりますが、時間をおいてからとかそういうのが有効な気はします。1時間遅れると大事になるとかそんなことはほぼあり得ないので・・。

メモ

フィッシングサイトですので、これらの情報を入力すると、あなたのログイン情報や個人情報、クレジットカード情報や本人認証情報はすべて盗まれることになります。本物のサイトを丸ごとコピーして作っているケースが多いため、画面だけでは本物と区別がつきません。
Amazon をかたるフィッシング(2018/12/13) | 一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)

『アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。』という件名の
Amazonをかたるフィッシングメールが出回っています。

Amazonの利用者に、”Amazonアカウントの異常な操作を検知しました”
などと不安をあおり、詐欺サイトへのリンクをクリックさせようとしています。

メール内のリンクをクリックするとほんものそっくりの偽サイトに
飛ばされて、サインイン画面が表示されます。

Amazon をかたるフィッシング (2018/06/29) | 一般社団法人セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。