【Panasonic】電話機の子機の動作がおかしい時は、バッテリー交換してみるとよいかも!? 

現象

・子機の着信音がならないことがある
・子機で途中で電話が切れる
・子機で電話の音が小さい

義父の話。取説がないし、かつネットで型番検索しても取説のPDFが見つからず。

設定ではなさそうだし、壊れてるようにも見えないということで、使用年数もある程度たってるので、子機の電池を交換してみることにしました。そうすると、直りました。

バッテリー交換

Panasonicなら近くのホームセンターとかでも置いてると思ったのですが、互換バッテリーしかなかったので、互換バッテリーに交換することに・・。

もともとついていたバッテリーがこれ。被覆?が剥がしてあるけど、義父?がやったのかも。テスターで電圧計ってみたけど、4.2Vで問題なさそうにも思うのですが・・。

交換は簡単です。また充電済みなので、すぐに動作確認が可能でした。

互換バッテリー

うちの近所では、ELPA製、OHM製があって、ELPA製のほうが高かったです。

ELPA製:2000円
OHM製:1500円

今回の互換バッテリーだとだいたい上記のような感じです。

ELPA製

OHM製

どちらもパッケージの裏面に、子機の型番が書いてあるので、それで対象機種を判別することが可能です。

スポンサーリンク
タグ#修理
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。