【Ofiice2013】更新できない場合の対処方法【2020/09】

Ofiice2013

・Windows Update経由では更新できない(正常動作)
・更新ファイルを直接実行しても、更新できない(正常動作)

個人ユーザーが使っているOfiice2013は、「クイック実行バージョン(Click-to-Run)」というものなので、上記の動作になるようです。Office 2013を更新するには、Office 2013内部の機構で更新しないとダメってことのようです。

Office 2013 では、インストール方式の異なる次の 2 つのバージョンが用意されています。
・Windows インストーラー ベース (MSI)
・クイック実行
Office 2013 のクイック実行バージョンの更新方法について

従来形式のMSI形式なのは、企業向けのVLだけのようです。

そこでMSのダウンロードセンターから、Office2013のSP1をダウンロードし、インストールしてみた。
が、「このパッケージをシステムにインストールすることによって影響を受ける製品はありません。」とメッセージが出てSP1を適用できない!


殆どのOffice2013はクイック実行という機能があり、今までの様にWindowsUpdateで配信されたり、自分でダウンロードしてインストールする必要はない、というか出来ないようだ。
Office2013のSP1を適用できない: Take Five

実際、わたしが試してみてもできませんでした

Ofiice2013の更新方法

1. Office 2013 を開いて新しいドキュメントを作成します。
2.[ファイル]=>[アカウント]
3. [今すぐ更新]

「今すぐ更新」を使うと、最新に更新されます。

更新を有効にしても、「今すぐ更新」がメニューに出てこない場合は、Ofiice2013の修復を試したほうが良いと思います。たぶん、そのままでは、一生更新されない感じがします。

参考:Office の更新プログラムをインストールする - Office サポート

今すぐ更新がない場合は、修復を試す

プログラムの追加と削除ところで、Office 2013を選択して、「変更」ボタンをクリックします

この画面が出てくるので、「オンライン修復」を選択します。

※クイック修復も試しましたが、無駄でした

「オンライン修復」となってますが、どう見ても、再インストール作業をしています。プロダクトキーの入力も求めてきます。ライセンス認証も再度やり直してるみたいです。

たぶん、「今すぐ更新」がメニューに出てくるバージョンが新規インストールされるんだと思います。

実際、この後は、普通に「今すぐ更新」がメニューに出てきて、最新版にまで無事アップデートされました。

最新かどうかの調べ方

Office 2013 の更新履歴 | Microsoft Docs

更新プログラムの表示を選択すると、ブラウザが立ち上がって上記URLを表示されます。そこに表示されている最新バージョンと一致してたら、まちがいなく最新です。

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。