【Ubuntu】Local by FlywheelでWordPressローカル開発環境を作る

はじめに

無茶苦茶、簡単です。簡単なのですが、画像が多くなってます。たぶん、説明はほとんどいらないと思う。今回は、Ubuntu版を試しましたが,Windows版、Mac OSX版もほぼ同じだと思います。

ダウンロード

こちらからだと、個人情報なしでダウンロード可能
https://localwp.com/releases/

debファイルをダブルクリックしてインストールします。

初期設定とサイト追加

インストールした「Local 」アプリを起動させます

初期設定

同意しないと先に進めません

「いいえ」を選択しました。エラー時のレポートを送信するかどうか?のダイヤログのようです。

サイト追加

この画面になるので、サイトを追加してみます。

バージョンとかお任せする場合は、このままでOK。

WordPressのサイト名を入力します。

WordPressのログインユーザー情報を入力します。

うまくいくと、この画面になります。

管理画面の使い方

この画面からほぼすべてのことができます。

(1) サイト表示(ブラウザ)
(2) WordPressの管理画面
(3) サイトのドメイン変更
(4) ファイルの場所

(5) DBの編集

WordPressの管理画面

標準でインストールされるのは、英語版なので、設定から言語を日本語にする。あとタイムゾーンも UTC+9:00(東京)に変更する。

サイトのドメイン変更

ここで、サイトのドメインを変更することができます。実際のサイトのドメインにしても問題なく、ローカル側のサーバーを表示します。ここを変更すると、Wordpressの管理画面の設定のサイトURLとかも自動で変更されます。

ファイルの場所

実ファイルはここにあるので、直接編集することができます。

DBの編集

Adminer - Database management in a single PHP file

Adminerが入っていて、これ経由で、DB編集が簡単にできます。

動画での説明

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。