プラスティックの欠けた部分を素人でも簡単に補修する方法

PLAREPAIR(プラリペア)という造形補修剤を使うと、どうも簡単に補修できるそうなんですね。

過去、割れたり、欠けたりして、でも補修したいなと思ったことがあるんですが、どうすればよいのかわらず、結局、うまく補修できなかたという感じのことが多かったと思います。

造形補修剤だけど、接着力もあるので、そのままくっつけることが可能なようです。

プラリペア、思ったより手軽に補修作業が出来ます。今までだと、プラバンを重ねて削ったり、ポリパテを盛ったりとかしていた所をサッと型取って流し込んだり、パウダーを何回も追加して盛り上げたり出来ますし、研磨や塗装もオーケーなのでかなり色んなことに使えそうです。

型取くんの素材から予想できるように、ポリエチレン系の接着には使えませんが
皆さんも何かが壊れた時に思い出してあげてください
しおんパパのひみつきち: レトロアイテムを修復せよ!「 プラリペア」


この商品をしったのは、上記のページです。
キーボードの欠けた部分を補修するわけですが、型取くんで型をとって、そこに プラリペアを流し込んで、補修部分を作るみたいですね。


【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。