カニ目レンチの代用品を「プラスチック製定規と竹串」で作る 【ジャンクレンズの分解】


プラスチック製定規に穴をあけて、細いドライバーなどを入れるだけで「カニ目レンチの代用品」が出来上がります。
ドライバーなどの金属ものは、レンズなどに傷をつける恐れがあるので、竹串がイイことに後から気づきました。

竹串の強度で十分いける場合は、竹串を使うほうがよいかと思います。間違ってはずれても、レンズを傷つけることはなさそうだから。

あと失敗したのは、中心部に穴を開けないで、端に開けてしまったというところです。中心部にあければ回す時にてこの原理が働いて、かなり力が伝わるようになったと思います。


あと、周囲の3か所とか接着されている場合も多いようで、かなり力を入れて回さないと外れないものもあります。
その時に役立つのが、楊枝(竹串)と木槌?です。

木槌でトントンと叩いて、その力で回転させるわけです。


あと、今回使わなかったんですが、こういう蓋を開けるゴム製のすべり止めみたいなもの便利な時がありそうな気がします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。