Windows10でUSB-FDDの動作を確認してみる【USBフロッピードライブ】

結論だけ先に書くと、読み書きの基本動作は問題なさそうな感じです。

6. USBフロッピードライブがデフォルトではサポートされない
Windows 10では、USBフロッピードライブを使おうにも、基本的には最新のドライバーをメーカーのサイトなどからダウンロードしない限りはサポートされていません。引き続きメーカーがWindows 10向けに用意してくれることを期待しますけど、このまま打ち切られてしまうモデルも少なくないかな?
移行できる? Windows 10で消える7機能が判明 : ギズモード・ジャパン


すっかり忘れていたUSB-FDDなんですが、手元にあるのでWindows10でも動作確認してみることにしました。
結果は、Windows8の時と同じです。

Windows10での動作確認

・Let's note CF-AX2(Windows10 64bit)
BUFFALO FD-USB(USB接続3.5インチフロッピーディスクドライブ) -Amazon

で確認しました。レッツノートはUSBポートがUSB3.0しかないのでそちらに接続して確認しました。USB-FDDの方は中身は、SONYの3モードFDDです。(ロットによって違いがある可能性はあります)

通常の読み書きは、問題なさそう

USBポートにつなぐだけで認識しました。


標準フロッピーディスクドライブとして認識してるようです。
3モードで動作しているようで、1.44MB/1.2MBとも読み書きは問題なさそうです。

特殊なことをしてるアプリは、問題ありそう

RawWrite for Windows
http://www.chrysocome.net/rawwrite

FDDをイメージ化するツールなんですけど、これは動作しませんでした。


Windows8の時とはエラーメッセージは違いますが動作しませんでした。
「Read failed error = 1785(ディスクメディアヲ認識できません。フォーマットされていない可能性があります。)

このソフトはセクター単位に読み込んでると思うので、特殊なことをしているのかもしれません。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。