上海問屋の学習リモコン 「リモコソ」を修理する


「1」キーだけが利きが悪くなったんで、買い替えようと思ったのですが、前から狙ってた学習リモコンが値上がりしているようなので方針を変えて修理をしてみました。

今回の話はかなり微妙です。上海問屋の学習リモコン 「リモコソ」特有の話ではないか?と思うのですがどうでしょうか?


分解は簡単で、裏のネジを外すだけで、ぱかっと2つに分かれます。

・基盤の部分(緑色の部分)の全面
・リモコンのゴムの裏面のほとんど

上記部分がなぜか、少し粘着力のある水っぽいものでねちゃーっとしてるんです。
なんか変ですよね?

ゴムの加水分解とかなんですかね?
基板の裏面は何ともなく、上記の部分以外は特にそういう跡が見当たらないんですね。

リモコンに、水とかかかったりとかないはずなんですけどね。僕専用で使ってるので、家族の誰かが誤ってとかもなさそうです。


写真にうまく取れなかったのですが、一番わかりやすい感じのがこの写真です。水っぽいんだけど、粘着している感じなんです。正直、気持ち悪いの一言。匂いとかもないようです。

ゴムのほうは、食器用洗剤と古い歯ブラシできれいに洗ったら取れました。


基板のほうは、アルコール分多めのウエットティッシュで拭くとそれなりの状態に戻りました。なんか基板の緑の色まですこし落ちているのが気になりますが…。

で、きれいに洗ったり、拭いたりしてから組み立てると、「1」キーをはじめ、他のキーも問題なく反応するようになりました。

プラスティック部分と表面のリモコンボタンの部分も食器用洗剤できれいに洗ったので、さっぱりして新品ぽくはなりましたけどね。

購入時期は、2012年1月

上海問屋の格安学習リモコンを使ってみる 【リモコソ】

ブログの過去記事をみると上記あたりに購入しているようなので、耐久性はそこそこありそうですね。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。