ダイソーで、熱収縮チューブを購入した


数年前に購入したものです。
便利だというのはネットでみて知ってたのですが、使ったことがないので上記の2種類を買いました。

個人的にはいろんなサイズの詰め合わせのほうが便利な気はします。

追記:2016/08/07 最近、近所のダイソーで熱収縮チューブを見かけました。


こういうパッケージのものです。


裏面の説明書にも、ドライヤーでみたいなことかいてるんですが、本当にドライヤーで縮むのかなぁ?と。

黒色のほうは、ドライヤーの熱風ではあまり縮まない感じだった。
カラーのほうは、ドライヤーの熱風で縮みました。

一般的な熱収縮チューブの仕様を調べると、熱収縮する温度が100度みたいなので、100度以上の熱をかけないといけないって言うことのようではあります。

ターボ式の使い捨てライターがおすすめらしい

説明書(パッケージ裏面)には、ヘアードライヤーで熱を与えて収縮さすように書いてありますが、
下図のような、ターボ式(防風タイプ)の使い捨てライター(炎の見えないガスライター)を用いた方が
ずっと素早く目的の部位のみを加熱できます。お試しあれ。
時間長すぎると焦げるよ。素早く過熱するのがポイント。
100円ショップ活用研究室・カラフル熱収縮チューブ


ドライヤーでうまくいかない場合は、これがおすすめだと思われます。


ターボ式(防風タイプ)の使い捨てライターは、100円ショップでも置いてますね。

Amazonでも売ってるよ

Amazon:熱収縮チューブ 一覧

100円とかから売ってるのは売ってるけど・・・。
ある種類を少量ほしい場合には、やっぱり割高かなぁ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。