【簡単】万願寺とうがらしとスパムの炒め物の作り方


■レシピ
・スパム
・万願寺とうがらし

万願寺とうがらしの簡単な下処理 【切り方、甘長とうがらし】
「万願寺とうがらし」といっても、大きいものから小さいものまで、形もまがったものまであるので、どうしたら良いんだろう?と疑問を持つ人も多いので書いてみました。僕は京都人ではないので、適当なこ


万願寺とうがらしは、キッチンバサミでさくさくっと切れます。種もへた側を包丁で切れば、比較的手間かからずにきれいにとれます。

スパムは、写真で缶詰の半分ぐらいです。1/4でもいいかなぁと思います。

作り方は簡単で、スパムと万願寺とうがらしを細く切って、フライパンで炒めるだけ。スパムに塩味がついてるので調味料も入りません。スパムの脂と万願寺とうがらしがよくあっておいしいですよ。



スパムも食べなれると美味しいかなぁと思います。非常食用によいかと思います。料理にも使えますしね。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。