市販の餃子を「羽根つき餃子」として焼いてみた

男の料理レシピ

・市販の餃子(生)
・油 小さじ2
・片栗粉 小さじ1から2
・小麦粉 小さじ1から2
・水50㏄

片栗粉と小麦粉の分量は普通のスプーンで測ったので、たぶんそのぐらいかなぁ?という感じです。油はテフロン加工のフライパンでもひいたほうがよいです。油ひかないと羽の部分がパリパリにならないと思います。


焼き方は普通の餃子と同じでOKです。「中火」で焼くのがコツだと思います。今回購入した市販の餃子のパッケージには、こんな感じで書かれてたので、基本はこの通りに焼きます。水の分量も同じにしました。


フライパンに円形になるように並べて、「水に片栗粉と小麦粉を溶いたもの」を水の代わりに入れるだけです。蒸し焼きした後に、蓋をあけて、底面が「良く焼き」になるまで中火で焼きます。


底面が焼けたと思ったら、皿をかぶせて、フライパンごと裏返せば出来上がりです。


スポンサーリンク