【DaVinci Resolve】 早送り・スローのやり方 【動画編集】

無償版のDaVinci Resolve 16で確認しました

エディットページに切り替え

エディットページで操作します。

方法1:「リタイムコントロール」を使う方法

クリップを右クリック。右クリックメニューのリタイムコントロールを選択

そうすると、クリップの下に100%という速度表示が出てきます。「▼」をクリックすると、速度を変更できるメニューがでるので、速度を指定します。

方法2:「クリップの速度を変更」を使う方法

クリップを右クリックで、そのメニューの「クリップの速度を変更」を選択します。

そうすると、ダイアログがでるので、そこで速度をしています。速度の数字は細かく指定できます。

操作説明(動画)

使用した素材

Rocket
https://pixabay.com/videos/id-235/

Pixabay License
商用利用無料
帰属表示は必要ありません

実際に、動画をつかって操作してみるのが一番わかりよいと思います。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。