大阪王将の冷凍餃子を食べてみた&焼き方について

餃子の王将と大阪王将の違い

元々は、『王将』というチェーン店でした。
昭和44年頃、兄弟喧嘩のような形で『大阪王将』が分派として飛び出したそうです。
現在では、『京都王将』『大阪王将』の2派となっています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110534781

王将(餃子の王将)って京都発祥なんですね。

大阪王将の冷凍餃子

大阪王将 冷凍食品のご案内
http://trading.osaka-ohsho.com/

スーパーや業務スーパーで売っていたので、買ってみました。200円程度で12個入りです。
キレイに焼けるし、この値段の冷凍食品の餃子に比べても明らかにおいしいと思います。お勧めです。

焼き方
1.大さじ1の油
 熱したフライパンに大さじ1の油をひきます
2.餃子を並べる
 一度火を消し、凍ったままの餃子を平らな面を下にしてならべます
3.中火で4分半
 水1/2カップ(100cc)を入れふたをして中火で4分半焼きながら蒸します
4.蓋を取り水けを飛ばす
 蓋を取り、中火で水気がなくなり、焼き色が付いたら出来上がりです。
もしかして、うまく焼けたのは、この方法が良いのかもと思うので、今度、普通の餃子でも試してみようかと思います。


大阪王将の冷凍餃子の水餃子もあるよ

こっちは15個入りで200円強だったと思う。鍋とかに入れるのに数回購入したことがあります。

皮と具の不一致感があり、個人的にはお勧めしません。
中の具が、たぶん焼き餃子の具とあまり変わらないものが入っているからだと思います。大阪王将の餃子の具ってサッパリ目でおいしいのですが、この水餃子の皮との相性はよくないんだと思うんですね。

値段も手ごろで、不味くもなく普通だとおもうので、こだわりがないのなら良いかと思う。

追記:2013/12/10
今年、「大阪王将の冷凍餃子の水餃子」を食べてみたところ、まあまあかなと思ったので、中の具の具合?によるのかも。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。