カーテンを洗濯してみた

当記事では、洗濯表記に従っていませんが、従ったほうがよいでしょう。
あくまで、たまたま、うまくいきました記録です。

14年間洗っていないカーテンを洗ってみました。失敗すると怖いなぁと思って今まで放置していたのですが、そうするうちに年月がいつのまにか経ってしまいました。

・カーテン
・レースのカーテン
・カーテンフック

今回、洗ったのは上記のものです。

カーテン


洗濯前です。4枚あるんですが、これが一番汚れています。手あかとかがついてるんでしょう。


洗濯表記です。この表記ですが、なぜか洗濯すると文字部分が消えて真っ白になってしまいました。まだ洗っていないものを写真にとりました。これ写真とかで残しておかないと、次回はわかりませんね。


・洗濯ネットにいれる
・ぬるま湯(40度)
・アクロン(液体洗剤)
・洗濯機の念入りモードにして洗う

あと、ほどけた部分があるとかはチェックしてください。洗濯前に補修しないとダメだと思います。カーテンフックが取り付けたる部分は特に要チェックです。


洗濯後です。驚くほどキレイになりました。右側がまだ洗濯してないので比較できるかと思います。

確かに購入時はこのぐらいの明るい色だったと思うので、一部だけでなくて、全体に汚れていたんだと思います。




レースのカーテン


上部(カーテンレール)のあたりが、かなりほこりがついて黒っぽく汚れてました。あと、全体的にすこし灰色っぽい気が・・。


洗濯表記です。


・酸素系漂白剤をいれたぬるま湯に、つけ置き洗い
・黒ずんだ部分には、お風呂用のスプレー(バスクリン?)を吹き付ける
・洗濯ネットにいれて、アクロン(液体洗剤)で普通に洗濯

つけ置き洗いしても、上部の黒ずんだところが落ちないので、お風呂用のスプレー(バスクリン?)をふきつけると意外とキレイに落ちだしました。


真っ白になりました。

なぜか、洗濯表記の札だけは、白っぽくならなかったんですけどね。あと文字は残ってました。

カーテンフック


レースの方は、金属製ので、こんな感じで白っぽいものがくっついていました。ぬるま湯につけるだけで、キレイに落ちました。念のため、食器洗い用洗剤で洗っておきました。


カーテンの方は、プラッチックのものでした。ただ、割れていたのがあったので、一部新品に置き換えました。

プラッチックの方も汚れていて、これは食器洗い用洗剤でごしごし洗ってきれいにしました。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。