ESP32開発ボードを購入してみる

初めに

無線LANがついたArduinoもどき(になる)マイコンです。Arduino IDEから使う限りは、Arduinoと変わらないかと思います。

購入したもの

Amazon:KKHMF ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetooth デュアルコアCPU低消費電力

販売: EasyWordMall(7-14日でお届け致します)
¥ 994(送料込)

上記を買いました。たぶん、DOIT ESP32 DEVKIT V1 互換ボードだと思います。

一応、購入前に自分なりに調べて、大丈夫そうだと思って購入しました。でも、あまり知識がなくて本当に大丈夫かどうか不安だったんですが、一応大丈夫そうです。

注意点

Amazonのレビューにも書かれてますが

1.自動書き込みができないっぽい
2.幅が少し広くて、5穴のブレッドボードだと、1列しか余らないので使い勝手がわるい

注意点としては上記の2つだと思います。

届いた

ポスト投函できる大きさで届きました。たぶん厚さは3㎝以下だと思います。

密閉されたパッケージに入ってます。かなり小さいです。

外観

表面です。TELECの認証マークも番号もちゃんとついてるんだけど、小さい。

とらとらとらおさんのツイート: "みんな大好きESP-WROOM-32の最新版のESP-WROOM-32Dを手に入れました。技適マークが小さい。 #ESP32… "
ESP32-WROOM-32 Espressif Systems | Mouser 日本

小さいケースを画像で調べてみたけど、いまいちそういうものなのかどうかは不明。ロットが変わったんですかね?

裏面は何もない。

ブレッドボード

Amazon | サンハヤト SAD-101 ニューブレッドボード | ブレッドボード | 産業・研究開発用品 通販
¥ 507

上記のような6穴のブレッドボードを使うと便利だという話なんだけど、個人的な感覚では値段が高い。

そこで、ミニブレッドボードを2つつないで使えばよいと思ってたんですが、実際にやってみると、威圧感というか大きい気が・・・。

仕方がないので、ミニブレッドボードを半分に切断して利用してみました。両サイド2穴ずつ残るように刺しました。

動作確認してみた

初期不良?が心配なので簡単に動作確認を行いました。

【ESP32】Lチカによる動作確認(基板上の青色LED利用) – お部屋でモバイル
【ESP32】Simple BLE Device よるBluetooth 動作確認 – お部屋でモバイル
【ESP32】HelloServer よるWi-Fi 動作確認 – お部屋でモバイル

ここまでする必要ないと思うけど、なんとなく・・。

BluetoothもWi-Fiも機能してるので、ほぼ問題ないでしょう。

開発環境の作り方、スケッチの書き込み

前後しますが、環境構築も意外と簡単にできました。

Arduino IDE をインストールする – お部屋でモバイル
【ESP32】Arduino IDEでESP32開発ボードが使えるように設定する – お部屋でモバイル
【ESP32】DOIT ESP32 DEVKIT V1 互換ボードへの書き込み方法 – お部屋でモバイル

スケッチ(プログラム)の書き込みですが、開発ボード側の「BOOT」というスイッチを毎回書き込み時に押すことで書き込めてます。たしかに不便です。

追記:スケッチ(プログラム)の自動書き込み

【ESP32】自動書き込みするために、EN-GND間にコンデンサーを挿入
失敗?!0.1μFのセラミックコンデンサーをEN-GNDに挿入してみたが、うまくいかず。容量の問題かなとおもって、並列に3つまで入れてみたが、うまくいかず。私の知識では原因分からず

EN-GNDに0.22μF(or 1μF)の電解コンデンサを挿入してみたら、自動書き込みできました

簡単にできて、たぶん楽しめるはず

個人的には、Wi-Fiが使えるのでいろいろ楽しめるんじゃないかなぁと思います。あと、Raspberry Piと違って、入手しやすくて安いという点もよいかなぁと思います。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。