Ubuntu 18.04 LTS に Wine 5.0 をインストールする【2020/04】

【Ubuntu】Wine 6.0 を導入する【2021/01】
Ubuntu 20.04 LTS (64bits)で動作確認しました POSIX準拠OSでWindowsアプリを実行するソフト「Wine」の最新版「Wine 6.0」が、1月1

Wine6.0が出たので試したのが上記リンク先の記事です。
インストールの仕方などは、あまり変わってません。

以下の記事は、Wine5.0です。

Ubuntu 18.04 LTS (64bits)で動作確認しました

Wine とは?

 POSIX準拠OSでWindowsアプリを実行するソフト「Wine」の最新版「Wine 5.0」が、1月21日に公開された。各種LinuxディストリビューションやmacOSなどに対応するオープンソースプロジェクトで、現在本ソフトの公式サイトから無償でダウンロードできる。
「Wine 5.0」が正式リリース ~マルチモニター環境と「Vulkan 1.1」をサポート - 窓の杜

Ubuntu(Linux)でWindowsアプリが動作するようになります。Wine を知らない人がこの記事を読むとは思えませんが、念のため。

WineHQ - Run Windows applications on Linux, BSD, Solaris and macOS

Wine の公式サイトがやっぱり一番詳しい

参考

How to Install Wine 5.0 Stable in Ubuntu 18.04, 19.10 | UbuntuHandbook
Ubuntu 18.04 に Wine 5.0 を入れる備忘録

現時点では、依存関係の問題も解決(回避?)できてるようで、簡単に導入することができます。1つ目のリンクに従ってインストールするとOKだと思います。

Wine 5.0 の導入の仕方

1. 32ビットアーキテクチャの有効化

$ sudo dpkg --add-architecture i386

2. リポジトリのキーの取得(ダウンロード)

$ wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key; sudo apt-key add winehq.key

3. Wineのリポジトリを追加

$ sudo apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'

bionic のところは、リンク先では以下のような感じになってます。今回は、Ubuntu 18.04 LTSなので、bionic にしてます。

※補足
bionic: Ubuntu 18.04 LTS
eoan: Ubuntu 19.10

http://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/dists/

4. 依存関係問題の回避

$ sudo add-apt-repository ppa:cybermax-dexter/sdl2-backport

5. パッケージを最新に更新

$ sudo apt update

6. Wine 5.0 stableのインストール

$ sudo apt update && sudo apt install --install-recommends winehq-stable

Wine の設定画面を表示する

$ winecfg

Wineの設定画面を出すには、端末(ターミナル)でwinecfgと打てば出てきます。

Windowsアプリを動作させてみる

インストールをしないで、exeファイルをただ実行させるという感じで簡単に確認しました。ネットで検索する限りでは、インストール(セットアップ)する系のアプリも動くようです。

オセロ

K-Reversi : Vector

途中で、xxがたりないとかいろいろ警告ダイアログがでてきますが、すべてキャンセルしましたが起動しました。

秀丸エディター

秀丸エディタ : Vector

Windowsにインストールしたものをそのまま持ってきます。「C:\Program Files\Hidemaru」のフォルダーをそのままUSBメモリーにコピーして、Hidemaru.exe を起動させるだけで動作しました。ローカルのファイルも読めました。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。