【Windows10】WPS Office Free を導入して、日本語化する【2020年9月】

日本語化をする場合は、自己責任で行ってください

はじめに

Linux版とほぼ同じ手法で日本語化できました。日本語化するときに使うのは、Linux用のファイルです

必要なファイル

■ 7-zip
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/7zip/

7zファイルを展開するために使います。

■ WPS Office for Windows
https://www.wps.com/download/

WPSOffice_11.2.0.9684.exe
149MB / Sep 9 2020

■ 日本語化ファイル ja_JP.7z
https://aur.archlinux.org/packages/wps-office-mui-ja-jp/

ja_JP.7z

WPS Office のインストール

「Use WPS Office to open pdf files by default」のチェックを外して、あとは初期値のままインストールしました

あと、日本語化する前に、アプリを起動して、動作することを確認してくださいね。

初回起動時

初回起動時に、こんなダイアログがでます。「Free」を選択。

日本語化

日本語化ファイルのコピー

1.アイコンを右クリック
2.プロパティ
3.ファイルの場所を開く

デスクトップに作成された「W」アイコンから、インストールフォルダを開けるので、そこから開くのが楽だと思います。

C:\Users\[ログインユーザ名]\AppData\Local\Kingsoft\WPS Office\

インストール先は上記のようになってます。

日本語化ファイル ja_JP.7z
https://aur.archlinux.org/packages/wps-office-mui-ja-jp/

1. ja_JP.7zを7-zipを使用して展開
2. office6\mui フォルダに「ja_JP」フォルダをコピー
3. office6\mui 内の「en_GB」=>「en_GB_bak」に名前変更
4. office6\mui 内の「ja_JP」=>「en_GB」に名前変更

念のため、en_GBフォルダの中がこんな感じになってることを確認してください。

言語の変更

WPSを立ち上げて、設定の「Switch Language」を選択します。

English(United kingdom) [= en_GB]を選択して、「Set Now」ボタンを押します。アプリを再起動してくださいとメッセージがでるので、アプリを立ち上げなおします。

動画での説明

日本語ファイルのコピーあたりは、動画のほうがわかりよいかも。

日本語化されたWPS Office

WPS Officeで新しい機能・画面関係は日本語化されてないと思います。昔から続く主要な画面のメニューは日本語化されてるかと思います。

こんな感じですね。
メニュー関係が日本語表示されるだけで、機能的には英語版です。日本語フォントが追加で導入されてるわけでもないです。

スポンサーリンク
タグ#Windows
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。