めんつゆ使用のおいしい「おでん」の作り方

おでんを作るコツ

おでんの美味しい作り方 おでんレシピ」がよくまとまっていると思います。まとめると以下のような感じです。

1.大根は厚く皮をむく
2.大根、蒟蒻(こんにゃく)には隠し包丁を入れる
3.大根は下ゆでする
4.練り製品は食べる直前の温めるときに入れるぐらいで良い
5.練り製品を入れる前までできたら、いったん冷やして2,3時間は寝かす
6.厚揚げ、がんも類は熱湯をかけて油抜きする
7.練り製品は煮込みすぎてもおいしくならない。

大根などは最後のほうまで別ゆでしたほうがおいしいと思います。大根に変な油?の味がうつるとおいしくないと思うからです。コンビニのおでんも、基本は別ゆでです。下ごしらえしたものがパックに入ってるので、それをいれて、沸騰したら即販売してます。即販売した状態でも、お客さんはおいしいといって食べてます。だから、コンビニのおでんのダシは濁りが少ないと思います。

おでんのダシ

めんつゆを使うと本格的な味のおでんが簡単にできます。めんつゆのラベルにも書かれてるので大丈夫でしょう。めんつゆと「大根、こんにゃく、煮込み用ちくわ」を煮込むだけで、おでんのダシの味になります。上品な感じの味になります。

レシピ

・めんつゆ
・卵
・大根
・こんにゃく
・煮込み用ちくわ
・厚揚げ
・ごぼう天
ほか、好きなものをどうぞ

作り方

1.鍋(フライパン)に水をいれて、そこに卵と大根をいれて煮込む
ゆで汁は最終的には捨てる
2.鍋(フライパン)にめんつゆ、大根、こんにゃく、煮込み用ちくわ、ゆで卵をいれよく煮込む。
3.別鍋(フライパン)にめんつゆ、厚揚げなど味がついていなくて油が出るものを煮込む。
こっちのダシは油っぽいので、最終的には捨てる
4.2,3の火を止めて2,3時間おく
5.3のダシ(汁)は捨てて、3の具を2に入れて火が沸騰すれば基本的に出来上がり。

大きい鍋がない場合は、フライパンなど2つで作ればよいと思います。

【ブログ内で関連ある記事】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。