IODATA 外付けHDD「HDCR-U1.0EK」を分解する【HDCS-U,HDCR-U,HDC-EU】

自己責任で!!
ケガには十分に気を付けてください。

HDCR-U1.0EK

HDCR-UEシリーズ | 外付けHDD | IODATA アイ・オー・データ機器

ネットで調べる限りでは、HDCS-U,HDCR-U,HDC-EUあたりは、同じ系統の筐体のケースのようです

分解してみる

はめ込み式になっています。穴が3つあいているので、爪楊枝を差し込みます。いろいろ試しましたが、爪楊枝が一番合うようです。抜けなくなるぐらい強く差し込むようにしてください。

その後、ケースを後ろにスライドさせます。力加減が難しいですが・・・。私の場合は、真ん中のツメが割れてしまいました。

スライドさせるのは少しだけです。スライドできたら、裏返してください。

裏返してから、ケースを開けます。そうすると、ケース側にケーブルがついた側が下に残って、ケーブル(線)のことは考えなくてよくなります。

次に、画面中央の2本のネジを外してください。あと、忘れずに、ケーブルを固定している黒いテープもはがしてください。

この状態になるかと思います。これをこのまま、持ち上げて立てかけます。

赤い部分を強く押し出してください。私はバスタオルで包んでから、赤い部分を強く押し出しました。軍手するなり、何か工夫しないと、ケガすると思います。

こんな感じでキレイに取り外せます。ケーブルはケースについたままです。

スポンサーリンク
タグ#修理
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。