【業務スーパー】台湾フード・薄焼き餅(ほうれん草風味)を買ってみた

葱抓餅(チョンジュアピン)

お勧め度:(3点)

・5枚で360円でお値段安め
・原産国 台湾
・食パン1枚よりも食べたときのボリューム感がある
・プレーンに近くて、変な味がついてない

「小麦粉焼き」の風味で「パイ生地」風という感じ。ホウレンソウの風味はあまり感じないと思う。

葱油餅(ツォンヨゥピン)とは、小麦粉で作った生地に油を塗り、ネギの細片を具として巻き込んで焼いた中華料理。北京料理として知られるほか、他の大中華地域でも食べられており、類似したものはzh:葱抓餅などとも呼ばれている。屋台の商品として売られていることが多い。


生地に油を塗ってから、巻いたりひねったりすることで、薄い層が重なったパイのような構造になる。これにより、発酵させない生地であっても、焼いても固くなりすぎないで済む。もっとも、生地に酵母を加えて発酵させる作り方もあり、その場合は焼餅の一種とも言える。
葱油餅 - Wikipedia

上記の説明が、どんな味かを想像しやすいと思う。

26㎝のプライパンぐらいの大きさだと思う。1枚ずつシートで包まれていて、1枚ずつ焼いて使うことが可能。

お好みの具材をまいて食べるのがおいしい気がする。食べなれたら、食パンみたいにそのまま食べるのもありな風味と味だと思うけど、好みによるかなぁと思う。

カロリー:295kcal(1枚)
塩分:0.8g(1枚)

味は、原材料から想像つく範囲だと思います。ほうれん草比率2%、ねぎ比率7%。風味というよりかは色付けとかなのかもね。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。