【CH340】DTR信号を引き出す、変換基板を作る【USBシリアル】

DTR信号を引き出す

たぶん、CH340Gあたりのはず

DTR信号を引き出します。黄色いのは、カプトンテープです。穴をあけて引き出した後、カプトンテープでふさいでます。

ピン加工

・熱収縮チューブ
・ピンヘッダー

ピンヘッダーを一つ切り取って使用します。

まずは、はんだ付け。100均で購入した、コルクの鍋敷きにさすと、作業が楽です。ピンヘッダーとかのはんだ付けは、これで固定するのが簡単な気がします。

熱収縮チューブを切り取って通します。手持ちで一番小さいのがこれなのですが、すこし大きいかも?!

ライターの火を近づけて、熱収縮させます。写真は近づきすぎだと思う。火を使うので、念のため、火事に注意!!

結構きれいに出来上がります。

変換基板を作成する

毎回接続が大変なので、変換基板を作ってみます。Amazonでも変換基板の作成例があった気がします。

3.3V-VCC =>3.3V信号
5V-VCC =>5V信号

ショートピンで、3.3V信号と5V信号が切り替わるようになってるので、そのまま切り替えできるようにしておきます。あと、5Vも今後のために、一番端に引き出しておきました。

あと、プリンターで印刷した紙を貼り付けてます。

裏側こんな感じ。あと、L字型のピンソケットを持ってないので、ピンを無理やり曲げて使ってます。ちょっと無理があるみたい。

Arduino互換機に接続して使う

実際に使ってみたところ。かなり便利になりました。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。