【Armbian】VNC Serverを導入して、Windowsからリモート接続

VNC Serverを導入

テキストエディターのインストール

sudo apt inatall gedit

テキストファイルの編集がしやすいように、geditをインストールします。

x11vncのインストール

sudo apt install x11vnc

VNC Serverとして「x11vnc」をインストールします。VNC Serverはいろいろありますが、これが一番設定が簡単そうな気がします。

vinoを試してみましたが、設定画面が開かないので断念。デスクトップが、GNOMEでないと設定画面が開かないようです。

vnc接続のパスワード設定

sudo x11vnc -storepasswd /etc/x11vnc.passwd

VNCの接続パスワードを設定します。パスワードは「/etc/x11vnc.passwd」に格納されます。

サービス起動の為の設定

sudo gedit /etc/systemd/system/x11vnc.service

サービス起動のために設定ファイルを作成します。上記コマンドで、テキストエディターが開きますので、以下のテキストをそのままコピペして保存してください。

[Unit]
Description=Start x11vnc at startup.
After=multi-user.target
 
[Service]
Type=simple
ExecStart=x11vnc -auth guess -forever -loop -noxdamage -repeat -rfbauth /etc/x11vnc.passwd -rfbport 5900 -shared

[Install]
WantedBy=multi-user.target

うまく行かない場合は、「ExecStart」の行を見直してください。検索掛けたら、いろいろサンプルが出てくると思います。この行は、改行なしの1行です。

再起動

sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl enable x11vnc.service
sudo systemctl start x11vnc

上記の3つのコマンドを実行して、x11vncを再起動させます。

Windowsからリモート接続

VNCクライアント

https://www.realvnc.com/en/connect/download/viewer/

上記から、VNCクライアントをダウンロードします。スタンドアロンEXEを選択すれば、ダウンロードしたファイル(EXE)をクリックするだけで、アプリが立ち上がります。

接続する

Armbian端末のIPアドレスを入力して、改行キーを押せば、接続画面が表示されます。

動画での説明

記事の操作を動画にしたものです。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。