【Qua station】Arch Linux、Ubuntu Baseを起動させてみる


Warning: Use of undefined constant FS_CHMOD_DIR - assumed 'FS_CHMOD_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/labo/k05.biz/public_html/blog2.k05.biz/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-direct.php on line 542

Warning: chmod() expects parameter 2 to be int, string given in /home/labo/k05.biz/public_html/blog2.k05.biz/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-direct.php on line 173

Warning: Use of undefined constant FS_CHMOD_FILE - assumed 'FS_CHMOD_FILE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/labo/k05.biz/public_html/blog2.k05.biz/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-direct.php on line 164

Warning: chmod() expects parameter 2 to be int, string given in /home/labo/k05.biz/public_html/blog2.k05.biz/wp-admin/includes/class-wp-filesystem-direct.php on line 173

PCとUSBシリアルで接続する

【Qua station】シリアル接続して、u-boot のコンソールに入る
接続Qua stationのSDカードストがある側のUSB端子の上部にある端子が、シリアル接続用の端子のようです。左から、RX,TX,GNDです。Tera Term

・USBシリアル(USB To TTL)CH340モジュールでパソコンと接続
・Tera Termで、シリアルコンソールを表示
・u-boot のコンソールに入る

カーネルをビルドする

【Qua station】 Linuxカーネルをビルドする
自己責任で!!Ubuntu 20.04 (パソコン)で作業しました1.ダウンロード&展開ファイルの入手BPI-W2-bsp-w2-4.9-v1.0.ziphttps://g

・bpi-w2.dtbとuImageを作成

起動用のUSBメモリーを作成する

コマンドでなくても、Ubuntuの標準で入ってる「ディスク」というアプリでも簡単に作成できます。

・100M → FAT  bpi-w2.dtbとuImageを配置
・残り → Ext4  Arch Linux または Ubuntu Baseを配置

USBメモリーを2つの領域にわけて、それぞれFAT形式、Ext4形式で作成します。

Arch Linuxを起動させる

ダウンロード

ArchLinuxARM-aarch64-latest.tar.gz
https://archlinuxarm.org/platforms/armv8/generic

上記ファイルをダウンロードしてきます。

USBメモリーに展開

ファイルをUSBメモリーの2つ目の領域に展開します

Qua stationで起動

USBメモリーをさして、電源をいれて、u-bootコンソールに入ります。

usb start

fatload usb 0 0x01f00000 /bpi-w2.dtb

fatload usb 0 0x03000000 /uImage

env set bootargs earlycon=uart8250,mmio32,0x98007800 console=ttyS0,115200n8 initrd=0x02200000,0x7F0000 root=/dev/sda2 rw rootwait rootfstype=ext4 init=/sbin/init selinux=0 nmi_watchdog=1 devtmpfs.mount=1

env set bootcmd 'booti 0x03000000 - 0x01f00000'

b2ndbc

u-boot のコンソールで上記コマンドを順番に実行していきます

こんな感じで起動します。ID:root、Password:rootでログインできます。

dmesg -D

上記コマンドで、コンソールに定期的に表示されるメッセージを消すことができます。

Ubuntu Baseを起動させる

ダウンロード

ubuntu-base-16.04.6-base-arm64.tar.gz
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-base/releases/16.04/release/

USBメモリーに展開

ファイルをUSBメモリーの2つ目の領域に展開します

$ sudo mount /dev/sdb2 /mnt
$ sudo tar xzvf ubuntu-base-16.04.6-base-arm64.tar.gz -C /mnt
$ sudo umount /mnt

展開後の作業

ファイルを展開するだけでは、ログイン画面の手前までしか行きません

USBメモリーに展開した後に以下の作業を行いました。
・rootパスワードの設定
・ユーザーの追加
・ttyS0のログイン許可

「Ubuntu-base arm64 rootfs」でGoogle検索すると、やり方が出てくると思います。

追記:2021/05/07

【Ubuntu base arm64】シリアル接続からログインできるようにする
ubuntu-baseの展開ダウンロードubuntu-base-16.04.6-base-arm64.tar.gzhttp://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-base

・rootパスワードの設定
・ttyS0のログイン許可

のやり方は上記記事で!!

Qua stationで起動

Arch Linuxの時と全く同じように起動させます。

動画での説明

Arch Linuxの補足

追記:2021/04/29

【Arch Linux ARM】 インストールの仕方
Ubuntu 20.04(パソコン x86)で、ARM(aarch64)用のaarch64をインストールする方法です。chroot(arch-chroot)と「mount --rbind」を使

Wi-Fi接続できるように、必要なものをインストール

【Qua station】Arch LinuxでWi-Fi接続する
デバイス一覧表示iw devip link上記コマンドで表示できます。wlanから始まっているものが、Wi-Fiだと思います。今回はwlan0を使っ

Wi-Fi接続に成功

【Arch Linux】VNC + Xvfb(仮想ディスプレイ) 環境を構築
インストール# pacman -S xorg-server-xvfb# pacman -S x11vnc# pacman -S fluxbox# p

ネットワークにつながったので、GUIが使えるようにVNC接続

Ubuntu Base関係の補足

【Ubuntu】wpa_supplicantを用いて、Wi-Fi接続する
ubuntu-base-16.04.6-base-arm64で確認しましたarm64版特有の部分がありますライブラリの導入ネットワークがつながらないので、別PCのUbuntuでch
スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:ひろ :

    とてもわかり易い記事をありがとうございます。
    ubuntuの展開後の作業部分、ttyS0のログイン許可がググった方法ではうまく動作しておらずログインコンソールが開かれません。
    ubuntuの展開後の作業の手順を教えていただきたいです。

  • 名前:管理人 :

    【Ubuntu base arm64】シリアル接続からログインできるようにする
    https://blog2.k05.biz/2021/05/ubuntu-base-ttys.html

    追記したブログ記事です。

  • 名前:ひろ :

    とても早い対応ありがとうございます。
    早速試した所無事ログインができました。
    自分の環境だとRAMが1.5Gb認識
    WiFi,BtがUSBで認識されていない(LSUSBに出てこない)のですが管理人様の環境では認識していますでしょうか?

  • 名前:管理人 :

    ■メモリ
    root@localhost:~# free
    total used free shared buff/cache available
    Mem: 1677644 27164 1573704 9640 76776 1427064
    Swap: 0 0 0

    ■ネットワーク
    root@localhost:~# ls /sys/class/net
    eth0 lo rename3 rename6 wlP1p1s0 wlp0s0

    私の環境では、wlp0s0が、2.4GhzのWi-Fiでした。


    sudo cp -r ~/qua/BPI-W2-bsp-w2-4.9-v1.0/SD/bpi-w2/BPI-ROOT/lib/modules/ /mnt/lib/

    カーネルを作成したときの
    /BPI-W2-bsp-w2-4.9-v1.0/SD/bpi-w2/BPI-ROOT/lib/modules/フォルダーのモジュールをコピーしないと、Wi-Fiは認識しないと思います。

  • 名前:ひろ :

    ありがとうございます。
    どうやらコピーするときに-rが抜けていたことが原因で正しくロードされていなかったようです。。。
    無事にんしきできました。