【Ubuntu 22.04 LTS】 インストールと環境構築

Ubuntu 22.04 LTSの入手

https://ubuntu.com/download/desktop

まだ「日本語 Remix版」がでてないので、Ubuntu 本家版を使いました。

インストールメディアの作成

Rufus https://rufus.ie/

ダウンロードした「ubuntu-22.04-desktop-amd64.iso」ファイルから、インストールUSBメモリーを作成します。私は、Rufusを使いました。

インストール

この画面から、「Ubuntuをインストール」ボタンをクリックして、インストール開始です

キーボードレイアウトは、「Japanese → Japanese」を選択しました

最小インストールを選択。あと、「Ubuntuインストール中にアップデートをダウンロードする」のチェックを外しました。

この画面以降
・ディスクを削除してUbuntuをインストール
・Tokyo
・ユーザー名、パスワード
を入力しました

それ以降は、放置でひたすら待つだけです。

インストール完了。再起動させます。

再起動後のウイザードで
・オンラインアカウントへの接続
 →スキップ
・Ubuntuの改善を改善を支援する
 →いいえ、送信しません
・プライバシー 
 → 位置情報サービス:OFF
・ソフトウエアの更新
 →はい
を選択して、インストール作業終了です。

壁紙、Dockの設定

・壁紙の変更
・デスクトップアイコン
 新しいアイコンの配置位置:左上
・Dock
 パネルモード:OFF
 アイコンサイズ:32
 表示位置:下

上記のように設定しました

日本語入力

標準で日本語入力可能です。トップバーの「ja」をクリックすると、「日本語Mozc」切り替え出来ます。

[Win]+[SPACE] :日本語入力の切り替え
[半角/全角]キー:半角/全角の切り替え

キー操作でも可能で、上記のようになっていました。

各種設定

Ubuntu Restricted Extrasのインストール

$ sudo apt install ubuntu-restricted-extras

「ttf-mscorefonts-installer を設定しています」という画面が出てきたら、<<了解>>が反転するまで、[Tab]キーを何回か押します。その後、Enter キーを押すと、了解ボタンが押されます。

補足

著作権上の制限があってインストーラには入れられないアプリケーション群が入ります。


市販dvdの再生を可能にするには、15.10からの手順で、
sudo apt install libdvd-pkg
sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg
とします。いろいろ聞かれますが全てOKで。
Ubuntu 20.04 インストール (8) - kashiの日記

市販のDVDを再生するには、上記のようにする必要があるかも。

いろいろ

開かれたウィンドウが自動的に最大化されないように

$ gsettings set org.gnome.mutter auto-maximize false

Dockのクリックで最小化を有効

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock click-action 'minimize'

Flatpakの導入

$ sudo apt install flatpak
$ sudo apt install gnome-software-plugin-flatpak
$ flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

FlatpakとSnapsの最大の違いは,Flatpakはアプリケーション専用であることでしょう。よって,GUIアプリケーションであればFlatpakのほうが快適に使用できるものが多いのですが,実際はケースバイケースです。
第513回 新しいパッケージの仕組み,Flatpakを使用する:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

日本語を使うという場合は、Snaps版アプリよりFlatpak版のほうが、安定してることが多いような気がします。

Google Chromeの導入

https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

debファイルを入手して、インストールします。

GIMP、VLCの導入

https://flathub.org/home
https://flathub.org/apps/details/org.gimp.GIMP
https://flathub.org/apps/details/org.videolan.VLC

Flatpak版を上記からインストールしました。

2017年2月現在、Flatpakとして人気のアプリケーションとしてBlender、GIMP[10]、LibreOffice[11]、Pitivi(英語版)[12]、KDE Applications[13]、Linphone(英語版)[14]、GNOME Recipes(英語版)[15]などが存在する。また、Mozilla Firefox[16]、Skype,[17]、Spotify[18]の開発版などの非公式のFlatpakも存在する。
Flatpak - Wikipedia

補足:GNOME Shell拡張機能

追記:2022/05/12

Ubuntu 22.04 のDockを Windows10 /11風にする
標準機能だけで設定→外観のDock設定→外観のDockで・表示位置:下・アイコンのサイズ:32に設定するアプリケーションボタンを左端に$ gsett

Extension Managerを導入して、Extension Manager経由で「Dash to Panel」などを導入することが可能です。

動画での説明

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。