【Amazon】「赤外線LEDと赤外線受信機」の購入と動作確認

購入・動作確認は自己責任で!!

リモコン用としては、この赤外線LEDは失敗というか使えない気がする。赤外線受信機は問題なく使えると思う。
本当にリモコン用という商品説明が本当なら、使い方がわるいのだと思う。

・赤外線受信機 5個
・赤外線LED 5個

Amazon.co.jp: gazechimp 5対 ユニバーサル リモートコントロール モジュール 赤外線レシーバ 送信チューブ: カメラ

Gazechimp JPさんから購入しました。260円(送料込、中国発送)です。あまり数必要なかったのと、セットで一番安かったので購入してみました。ESP32で学習リモコンができたらよいかなぁというのもあります。

■赤外線受信機:

モデル:CHQ1838
動作電圧:2.7-5.5V
範囲を受け取る:15-18M
ピンリードピッチ:2.53ミリメートル
パワー:180mW
ピンの長さ:22ミリメートル
サイズ:約 6.7 * 7.6 * 4.5ミリメートル

■チューブを送信:

現在:20ミリアンペア(定電流)
放出角度:20°/ 45°/ 60°
電圧(VF):1.1-1.4V
クレスト長(WD):940nm
送信距離:12--15M
逆方向リーク値:5uA未満
使用のスパン:80,000〜100,000時間広く家庭用電化製品、テレビ、オーディオ、エアconditionor、玩具、赤外線リモコン受信機で使用されます。
Amazon.co.jp: gazechimp 5対 ユニバーサル リモートコントロール モジュール 赤外線レシーバ 送信チューブ: カメラ

商品説明は上記のように書かれてます。動作確認方法がよくわからず、商品説明通り?!と悩んだけど、赤外線受信機のほうは説明どおりかな?

赤外線受信機

「VS1838B」と書かれてます。データシートは検索すると見つかります。

VS1838B 赤外線受光モジュール | イーストラクト
VS1838B データシート

データ線(SIGNAL)、VCC、GNDは写真通りです。

動作確認 その1

Slack から Windows, ESP-WROOM-32 を経由して自宅のエアコンをつける - Qiita
GitHub - z3t0/Arduino-IRremote: Infrared remote library for Arduino: send and receive infrared signals with multiple protocols

「IRremote Arduino Library」のサンプルスケッチの「IRrecvDemo 」を使用するのが簡単で確実だと思います。ESP32と赤外線受信機「VS1838B」で動作確認する限りでは、問題なさそうです。既存のリモコンの信号を結構離れたところ(1mぐらい)からも取得出来てました。学習リモコン目的なら十分だと思われます。

動作確認 その2

ESP32で赤外線学習リモコンを作る - Qiita

上記で公開されているスケッチ(プログラム)でもリモコン信号の受信ができて、記録出来てました。

赤外線LED

現在:20ミリアンペア(定電流)
電圧(VF):1.1-1.4V

製品仕様をもとに、抵抗値の計算は上記(http://akizukidenshi.com/catalog/contents1/led-r-calc.aspx)でやればよいかと思います。

抵抗をいれて、電源をつないでガラケーのカメラで光っているのを確認した。「クレスト長(WD):940nm」が本当かどうかは不明だが、TV(LGの液晶モニター)は反応はした。
LEDの頭部分の直径は5㎜ありました。

はまった点

iPhoneSEの背面カメラでは、赤外線が見えない。正常動作するリモコンを実際に見て光ってるのを確認してから、確認すべきでした。iPhoneSEのインカメラとガラケーのカメラでは光ってるのが見えました。

動作確認 その1

Slack から Windows, ESP-WROOM-32 を経由して自宅のエアコンをつける - Qiita
GitHub - z3t0/Arduino-IRremote: Infrared remote library for Arduino: send and receive infrared signals with multiple protocols

サンプルスケッチの「IRsendDemo」で確認したら、LGの液晶モニター(LGのTVもどき)の電源ON/OFFができた。ただし、リモコンの受信面正面で30㎝ぐらいまででないと動作しなかった。

動作確認 その2

ESP32で赤外線学習リモコンを作る - Qiita

上記で公開されているスケッチ(プログラム)でもリモコン信号を記録して、それをつかって動作した。リモコンの受信面正面で30㎝ぐらいまででないと動作しないのは同じ

光が弱いような・・

実際に、テスターで電流値を測定してみると、1mA、2mAしか流れてなかったので、それが原因のように思える。指向性?の問題も、単に光が弱いから?!
初心者論理では、トランジスタで増幅させたら良い気がしてるのだが、今日はここまで・・。

回路は同じ状態で、プログラム(スケッチ)側で、常時LEDをON(点灯)させたときに電流値を計ると、12mA、トランジスターで増幅させて17mAだった。

常時点灯でなくて、リモコン信号は38kHzというのも関係あるのかも。リモコン信号の時にテスターで電流を計測すると、0.05mAとかのようで・・。抵抗を小さくくしたり、トランジスターで増幅したりすると、距離が少し伸びる。テスターで電流を計測しても1mA程度。テスターの電流値がこの場合参考になるのかは不明だけど、明らかに常時点灯時より光が弱い気が・・。

スポンサーリンク
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。