無水エタノールでマウスのチャタリング修理【クリックの反応が悪い】

マウスのクリックの利きが微妙

2017/03から使い続けているLogicool Mouse M100r のクリックが微妙なんですね。たぶん「すこし」チャタリングしてる気がします。

「接点復活剤 or 無水エタノール」で治るという噂をネットで見かけたので、試してみました。どういう理由で治るのか不明なんですが、実際にやってみると、治ったかも?!という感じにはなりました。ただ、クリック感は、右クリックのほうが硬い感じがするで、クリック(左)は劣化してるのはそのままだとは思います。

「治ったかも?!」というのは、実感ですぐわかるので、実感できない場合はこの路線では無理ということであきらめたほうが良いと思う。錯覚のような気もするんだけど、クリック音も少し変わった気がします。

今まではマイクロスイッチ自体を交換するような対策しか知らなくて、
1代目のm555bを分解している際に、コネクタをうっかり破損してしまい
ジャンク化したことがあって、マイクロスイッチ交換はナシ。
その他の方法としては、接点復活剤 or 無水エタノールをマイクロスイッチに流し込んで
接点の汚れを取るというものがあった。


方法は、無水エタノールを小皿に出して、綿棒にしたたるくらいに吸わせて、
その綿棒をマイクロスイッチの部分に流し込むように連打連打!
綿棒から出てきた無水エタノールがマイクロスイッチ内部に流れていくのを確認して、
そこからひたすら綿棒でクリックを繰り返した。
これを何度か繰り返して、一応しばらく乾燥させて終了。
忘れること矢の如く マウスのチャタリング修理

私は「接点復活剤」を持ってないので、「無水エタノール」でもOkかどうかを調べたときに、上記のページをみつけて、いけそうと思って実際にやってみました。

無水エタノール

デジカメのセンサー部分をふくためだけに購入した「無水エタノール」がかなり残っています。100円ショップで購入した写真のような容器にいれて利用はしてます。旅行時の化粧品とかの詰め替え容器だと思います。数年使ってますが、特にこの容器で問題ないようです。

両方スプレーですが、片方は霧状、片方は水滴になるタイプです。

無水エタノールは、詰め替え用の化粧ボトルに入れると便利かも【使える100円ショップの商品】
・ハンドラップとかあれば便利なのかもしれないが、めったに使わないものに1000円弱はちょっとと思って100円ショップでみたら、イイ感じのものがありました。・大きさが小さい

チャタリング修理

やり方は簡単です。マイクロスイッチのボタン部分の隙間から、無水エタノールがしみこむように、数滴落とします。そうして、スイッチのボタンを数回押すだけです。

私は、ドライバーの先でスイッチ部分をカチカチさせました。

1回目:2滴で、数回カチカチ =>乾く =>組み立てて動作確認
2回目:(数滴、数回カチカチ=>乾く)x2 =>組み立て動作確認

実は、この修理方法にあまり期待してなかったので、適当に1回目やって、実際に動作確認すると、明らかに改善されてるのと、マウスのクリック音が良くなってるのに驚いて、2回目をやりました。

2回目でもう少し改善された感じですが、誤差の範囲かも。あまり何回もしつこくやっても意味ないみたい。

でも、なぜ、この程度で改善されるのか、謎。まあ、接点の汚れ?がとれるからだという論理はあるけど、本当に取れるの?

まあ、治って、延命できるのならどうでもいいけどね。

成功事例

というわけで、現在の症状は左右クリックチャタリング。ホイールクリックの作動が悪い。
なので、この辺を中心に無水エタノールをぶっかける。(もちろん電源OFFでね)
そのあとは濡れている間に、ひたすらクリック地獄してあげて下さい。
そして良く乾燥させてから使いましょう。濡れたまま電源入れると壊れます。
マウスにアルコールをぶっかける : 青黒堂

なぜか、自宅のマウスの寿命が短い気が・・。

・エレコム、バッファローのマウス =>半年ぐらいからクリックが気になる、1年で耐え切れずに新品に交換
・ロジクール =>1年少し超えたころからクリックが気になる。1年半でもまだ平気だけど・・。で今回、無水エタノールで修理

スポンサーリンク
タグ#修理
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。