【工作】USBテスターツールを作ってみる

試される場合は、自己責任で!!

特に、電流を計測するモードでは、ショートさせると、つないでる機器(スマホ)などが壊れる危険性があります。また、製作後の動作確認は、壊れてもよいもので試されたほうが良いかと思います。

テスターで電流を計った後は、必ずテスターをOFFにもどして、またテスター端子を元に戻す(電圧を計る端子にする)ことを習慣づけたほうが良いかと思います。

また、製作したUSBテストツールは、「Vモード」に必ず戻す!!

結論:Amazonとかで購入したほうがお手軽で安全で安いかも

スイッチのV側(ON) :電圧計測
スイッチのA側(OFF) :電流計測

同時には計れません。また、テスターはそれぞれのスイッチのV/Aに合わせてテスターのモードを切り替える必要があります。

参考資料

USB機器の電流と電圧を測るためのツールを作りました。コレを使えばUSBコネクターにテスターが簡単に繋げられます。
USBテスターツール

100円USBスイッチで消費電流測定用アダプタを作ってみました: K's Memo-Random

主に、1つめのリンクを参考にしました。手持ちのテスターで、USB機器の電圧とか電流が計測できると素敵だなぁと思ったのですが、今はちょっと危険(微妙?)なものかもと思い始めてます。

ベースに使用するもの

【100均】USBスイッチ付きコネクターを分解してみた
ワッツさんで購入しました。かなり昔から販売されています。分解してみる検索で調べると接着してあるそうです。接合部分は筋になってる部分だと思うので、その筋に沿っ

100円ショップで販売されている「USBスイッチ付きコネクター」を利用します。分解する必要があるので、分解もしてください。

そのほか

【Amazon】JSTコネクタープラグケーブル オス+メスを購入した – 某氏の猫空
【ダイソー】購入したワニ口クリップが家にあった – 某氏の猫空

作ってみる

USBテスターツール」の回路図等をよく読んで、ある程度理解したうえで作成したほうがよいかと思います。

IN側の4端子が、VCC(+)、D+、D-、GND。
OUT側の4端子が、VCC(+)、D+、D-、GND。

真ん中の縦に3つ並んでいるのが、スイッチの部分ですね。
スイッチがONの時は、上2つが接続、スイッチがOFFの時は、下2つが接続です。

・(1)に外部にだす赤い線(+)を接続
・(2)に外部にだす黒い線(-)を接続

・青い「X」の部分は、基板のパターン(線)をカットします。

・緑色の部分は、新たに導線でつなぎます

STEP1:
赤色「X」印のパターンをカットします。テスターでカットできてることを確認してください。私はカッターナイフでカットしました。

STEP2:
緑色の部分をつなぎます。

STEP3:
黒丸の数字(2)の部分に黒線を半田付けします。

STEP4:
赤丸の数字(1)の部分に赤線を半田付けします。

こんな感じになります。

何もつながないで、テスターで、想定通りの結線になってるかをよく確認してください。スイッチをON/OFFにして、それぞれ確認してください。

導線は、基板のほうは加工の必要なく、ケースのほうを少しカットするだけでOKです。この状態できれいに蓋できるはずです

動作確認

LED

まずは、10Aのモードで計測して、0.01Aでした。200mのモードで計測したのが写真です。7.9mAなんですかね?!

スマホ

0.44Aの電流が流れてるようです。
測定後は、テスターをOFFにして、テスターの端子を元に戻してくださいね!!

スポンサーリンク
タグ#工作
コメント一覧
  • 名前:管理人 :

    コメントは、まだありません。